IRとは

ニュースでよく聞く、IRとは?

I RとはIntegrated Resortの略で、日本語では統合型リゾートという意味です。 2016年12月に IR推進法案、いわゆるカジノ法案が可決、2018年7月に『IR実施法案』が成立し、日本にIR=統合型リゾートを建設する事になりました。

統合型リゾートとは、カジノやショッピング施設、国際会議場などが一つのエリアにまとまった施設のことを指し、これから日本にカジノを建設していく上で基本となる施設がこの統合型リゾートとなっています。

シンガポールがIRで一躍有名に!

まだIRがピントこないなという方にシンガポールの例を挙げてみます。

シンガポールは約7年前にマリーナベイサンズとリゾートワールドセントーサの二つのカジノ(統合型リゾート)施設がオープンしました!

マリーナベイサンズは日本でもテレビやメディアで頻繁に紹介されている、ホテルの屋上に船の形をした建物があり、そこに流行りのインフィニティプールがあるのが有名となっています。

マリーナベイサンズの主な収益はカジノから来ていますが、併設されているショッピングセンターやホテル、劇場やレストランはとても豪華でカジノ客以外でも十分に楽しめる施設となっています。また大きな会議場・展示場があり、国際的なカンファレンスが開催されています。

なぜカジノだけだとダメなの?

IR施設建設の目的は、カジノを建設する事ではありません。カジノという娯楽を楽しめる総合的なアミューズメント施設で、観光を促進しようというのが目的です。ですからIRにはカジノだけでなく、ホテル、ショッピングモール、レストラン街、ナイトクラブ、劇場、スパ、プールなどのスポーツ施設、展示施設や会議場などのMICE施設など、多くの施設が一体となった一大リゾートとなります。

しかし、カジノというこれまでに日本にはないアミューズメント施設が加わる事で、ギャンブルですから法整備も必要となり、大きな話題を呼んでいる訳です。もちろんカジノを利用しない人でも、IR施設を利用でき、十分満喫することが出来るようになります。

I Rがもたらす効果

日本にIRが建設されると、日本国内(カジノが建設される都道府県)にどのような影響が現れるかいくつか紹介していきたいと思います。

良い面

  • 雇用が増える

IRに伴い、カジノ・ショッピング施設・ホテル・周りの観光地などでたくさんの雇用が増えることが予想されます。

またこれまでにない職業としてカジノディーラーの需要も高まります。カジノに併設されるショッピング施設やレストラン、さらには周りの観光地では雇用が一気に増えると予想されます。地方の地域活性化のチャンスとしてIRは注目されています。

  • 税収が増える

これは日本の税収が増えるとい言うよりはカジノが建設される地域(都道府県)の税収が一気に跳ね上げるとシンガポールのモデルを見ると予想されます。

そのため、カジノ誘致に力を入れている都道府県はそれが一番の目的と言っても過言ではないです。

税収が増えると、医療費が安くなったり、その他の税金などが安くなったりするので、その地域の国民にとってはかなり高い恩恵になるかと思います。

カジノが建設されると、かなりの外国人観光客の増加が予想されます。

もちろん日本人もカジノに行くことは可能なのですが、日本人・日本居住者がカジノに入場する際に、1回6000円の入場料を支払わなければいけなくなります。

これは、日本人のギャンブル依存を抑制するために設定され、週に3回まで、月に10回までに利用が限られます。またマイナンバーの提示も必要になります。シンガポールでは現地の人がカジノに入場するためには日本円で約2000円の入場料を支払わなければカジノに入場できないようになっています。(シンガポールに比べると日本のカジノの入場料は割高ですね。)

これを高いと取るか安いと取るかはその人次第ですが、カジノの主な客はどの国も外国人となっています。お隣の韓国にもカジノがありますが、たった1件の「江原ランドカジノ」を除いて、 韓国のカジノは外国人専用となっていて、韓国の人は利用できません。

多くの外国人観光客が、カジノやビジネスイベントを目的にIRを訪れるようになれば、地域の経済の発展に大きく寄与する事は間違いありません。

悪い面

  • ギャンブル 依存症の人への影響

先ほどギャンブル依存症の人たちのカジノへの入場を抑制するために入場料がいるという話を少ししましたが、カジノ依存症の人は入場料があってもその分カジノで勝ったら取り戻せるという思考が働き、ギャンブル依存症の人たちへの影響が一番の懸念点であります。

  • 治安の悪化

IRとはリゾートと言え、ギャンブル施設ができるという事で周辺地域の治安悪化を心配する声があります。また大きな娯楽施設が建設される事で外から人の行き来が激しくなるわけで、それまでの静かな環境を保全する事は不可能でしょう。