ブラックジャックの遊び方とルール

ブラックジャックはオンラインカジノにおいて特に高い人気を誇るゲームです。ルールは少し難しいものの、還元率が高く、カジノの中でも勝ちやすいゲームです。また2人 トランプとしても、心理戦が楽しめるので遊んだ事がある人も多いでしょう。

この記事ではオンラインカジノでプレイできるブラックジャックについて、プレイ前に知っておきたいルールや遊び方、攻略法などを詳しく解説してみました。

オンラインカジノのブラックジャックのルール

ブラックジャックのルール

まずはブラックジャックの基本的なルールについて解説します。

プレイヤーとディーラーが1対1で勝負する

ブラックジャックはプレイヤーとディーラーが勝負するゲームです。1つのテーブルに複数のプレイヤーが同席することもありますが、プレイヤー同士で対戦することはありません。

ハンドの合計が21に近いと勝利

ブラックジャックではカードを追加しながら、ハンドの合計点数を少しでも大きくすることを目指します。最後にハンドを公開した結果、より大きな点数のハンドを保有しているユーザーが勝利するというシンプルなルールです。

ブラックジャックの遊び方

ちなみに各カードは以下の通り点数がカウントされます。

  • A:1か11
  • 2~10:カードの数値通り
  • 絵札(J,Q,K):10

例えば2と5とQという組み合わせでハンドを保有している場合には、ハンドの点数が17点になるということです。

ハンドの合計が22を超えるとバースト(負け)

ブラックジャックは少しでもハンドの点数を大きくするゲームですが、合計点数が22以上になると「バースト」となり、その時点で負けてしまいます。

ブラックジャック バースト

つまりカードを追加しながらハンドを強化しつつ、21を超えないように気を付けなければならないということです。ハンドの合計点数が12以上になると、次にカードを引く時にはバーストする可能性もあるため、判断力も重要になります。

ハンドが弱い状況でもあえて強化せずに、ディーラーにバーストさせることを狙うのもブラックジャックで勝つための戦法です。

ゲームの流れ

ブラックジャックではディーラーとプレイヤーにカードが配布された後、まずはプレイヤー側がアクションを決めます。プレイヤーが「スタンド」というアクションを選択するまでは、ディーラーはただ待っているだけです。

ブラックジャック ゲーム

プレイヤーのアクションが完了した後は、ディーラーのターンです。しかしディーラー側には裁量権がなく、ハンドが16以下ならヒット(カードを追加)、17以上ならスタンド(カードをそれ以上追加しない)というルール通りにアクションを取ります。

ディーラーがスタンドした時点でハンドを比較して、勝敗が確定します。

結果ごとの配当倍率

ブラックジャックの配当は結果に応じて以下の通り異なります。

結果配当倍率1ドル
勝ち2倍2ドル
勝ち(ナチュラルブラックジャック)2.5倍2.5ドル
プッシュ(引き分け)1倍1ドル
負け0倍0ドル

ナチュラルブラックジャックとは、最初に配られた2枚のカードだけで合計点数が21になっている状態です。ナチュラルブラックジャックの成立時には、少しだけ上乗せされた倍率で配当を獲得できます。

オンラインカジノのブラックジャックで知っておくべき用語

オンラインカジノでブラックジャックをプレイする上で知っておくべき用語を紹介します。

カードに関する用語

デッキ

ブラックジャック用語

デッキとはこれから配布されるカードの山のことです。1デッキは52枚のカードから構成されます。ちなみにブラックジャックでは8デッキが使われるのが一般的です。

アップカード

ブラックジャック アップカード

アップカードとはディーラー側に配られた2枚のカードのうち、表向きになっている1枚のカードのことです。

アクションに関する用語

ヒット

ヒットはカードを1枚追加することです。「もう少しハンドを強化したい」という時に利用します。

スタンド

スタンドはそれ以上カードを追加しないことです。「このハンドで勝負する」と決めたときに利用します。

スプリット

スプリットは同じ数字のカードが2枚配られたときに、ハンドを2つに分割するというアクションです。例えば2ドルをベットしているゲームにおいてスプリットを行うと、追加で2ドルを支払う必要があります。

ダブルダウン

ダブルダウン

ダブルダウンは元々のベット額と同額を追加して、カードをもう1枚だけ引くアクションです。最初に配られた2枚のカードの点数が9~11など、あと1枚のカードを引くことで非常に強いハンドの形成が期待できる時に利用します。

インシュランス

インシュランスとはディーラーのアップカードがAの時にのみ選択できるアクションです。インシュランスを利用するには、ベット額の半額を追加する必要があります。インシュランスの選択後の流れは、結果に応じて以下の通りです。

  • ディーラーがナチュラルブラックジャック→インシュランスの3倍が返金
  • ディーラーがナチュラルブラックジャック以外→インシュランスは没収され、ゲームは継続

インシュランスが成功すると、本来は負けているゲームなのに損失がゼロになるのが大きなメリットです。

サレンダー

サレンダーはハンドが弱い、勝てないと踏んだ時に降参するアクションです。サレンダーを選択すると、ベット額の半分が返金されます。負けた時の損失を少しでも軽減するために、うまくサレンダーを活用することが大切です。

しかしオンラインカジノにおいては、サレンダーを選択できるブラックジャックゲームはあまり多くありません。

結果に関する用語

ナチュラルブラックジャック

ナチュラルブラックジャックとは、最初に配られた2枚のカードの合計が21になることです。ディーラーもナチュラルブラックジャックでない限り、必ず勝利します。また勝利配当が2.5倍になり、通常の勝利時よりもお得に稼げるのがメリットです。

バースト

バーストはハンドの合計が22以上になることです。プレイヤーがバーストすると、ディーラーがカードを引くことはなく、そのままゲームは終了します。

プッシュ

プッシュはディーラーとプレイヤーのハンドの合計点数が全く同じになることです。結果がプッシュだった場合には、そのままベット額が返金されます。

オンラインカジノのブラックジャックの遊び方(一連の流れ)

オンラインカジノにおいてブラックジャックでプレイする際の、一連のゲームの流れについて解説します。

STEP①チップを置く

ブラックジャック 賭け方

まずはチップを置きましょう。ベット後にもスプリットやダブルダウンなどのアクションを選択できるようにするため、最初にベットする際の金額は残高の半分以下にしておくのがおすすめです。

STEP②カードが配布される

ブラックジャック カード

ゲームが始まるとプレイヤーとディーラーにそれぞれ2枚のカードが配布されます。そのうちディーラーのカード1枚は、「アップカード」としてプレイヤー側にも公開されます。

STEP③プレイヤー側がアクションを決める

ブラックジャック 21

配布された2枚のカードとディーラーのアップカードを踏まえつつ、ヒットやスタンドなどのアクションを選択しましょう。

STEP③-1バーストするとそのままゲームセット

ヒットを通じてハンドの点数が22点を超えると、その時点でゲームセットとなります。ハンドを強化しつつも、合計点数が21以下に収まるようにうまく調整することが大切です。

STEP④ディーラー側がカードを追加する

ブラックジャック 3枚目

プレイヤーが「スタンド」を選択すると、ディーラーのカードが公開され、ハンドの点数が17以上になるまでカードが追加されます。

STEP⑤結果が確定する

ブラックジャック カジノ

ディーラーのハンドが17以上になる、もしくはディーラーがバーストした時点でゲーム終了となり、結果が確定します。見事に勝利していれば、勝利配当としてベット額の2倍の賞金を獲得可能です。

オンラインカジノのブラックジャックの賭け方

オンラインカジノのブラックジャックにはいくつかの賭け方があります。

メインベット

メインベットは通常のベットです。ディーラーとのハンド比較によって結果が決まります。

サイドベット

サイドベットはメインベットに追加して賭けられるベットオプションです。メインベットでは負けてしまっても、サイドベットの条件がそろえば賞金を獲得できます。的中率は高くありませんが、大勝ちを狙うなら積極的に賭けてみる価値も十分です。

具体的には個別のゲームによりますが、例えば以下のようなサイドベットの賭け式があります。

ペア

ペアはプレイヤーに最初に配られる2枚のカードが同じ数字だった場合に的中となります。ペアの組み合わせに応じて、獲得できる配当倍率は以下の通りです。

ペアの種類ペアの内容配当倍率
パーフェクトペア2枚が全く同じカード26倍
カラードペア2枚のカードの数字とスートの色が同じだが、スートそのものは別(ハートとダイヤ、クローバーとスペード)13倍
赤/黒ペア2枚のカードの数字が同じでスートの色が別7倍

21+3

21+3はプレイヤーに最初に配られる2枚のカード、そしてディーラーのアップカードの合計3枚を対象にした賭け式です。3枚のカードでスリーカードポーカーの一定の役が成立している場合に、組み合わせに応じて以下の通り配当を獲得できます。

役の名前役の内容配当倍率
パーフェクトスリーカード3枚ともすべて同じカード101倍
ストレートフラッシュ3枚のスートが同じで、数字が連続している41倍
スリーカード3枚のカードの数字が同じ31倍
ストレート3枚のカードが連続しているものの、異なるスート11倍
フラッシュ3枚のカードが同じスート6倍

ラッキーラッキー

ラッキーラッキーも21+3と同様に、プレイヤーに最初に配られる2枚のカードとディーラーのアップカード1枚を対象にしたサイドベットの賭け式です。3枚のカードの組み合わせ次第では、以下の通り大きな配当を獲得できます。

ハンドの組み合わせ配当倍率
同じスートで7のスリーカード201倍
同じスートで678101倍
7のスリーカード51倍
67826倍
同じスートで合計2116倍
合計214倍
合計20または193倍

なお「ラッキーラッキー」はあまりメジャーな賭け式ではありません。オンラインカジノのブラックジャックにおいても、「ラッキーラッキー」のサイドベットで賭けられるゲームは少数です。

バーストイット

バーストイットはディーラーがバーストすることに賭けるサイドベットの賭け式です。配当倍率は、ディーラーが何枚のカードを引いてバーストしたのかによって異なります。

ディーラーのハンドの枚数配当倍率
3枚2倍
4枚3倍
5枚10倍
6枚51倍
7枚101倍
8枚251倍

ハンドの枚数が大きくなるほど、配当倍率も大きくなるのが魅力です。

ビハインドベット

ビハインドベットとはライブブラックジャックにおいて、他のプレイヤーに賭ける方法です。ビハインドベットで賭けたプレイヤーが勝利した場合は、通常のメインベットと同じように2倍配当を得られます。

「ブラックジャックは難しいので自分で賭けるのは不安」と感じる時には、ビハインドベットで賭けてみるのもおすすめです。

オンラインカジノでプレイできるブラックジャックの種類

ブラックジャックと一口に言っても、実は様々な種類があります。オンラインカジノにおいては具体的にどんな種類のブラックジャックをプレイできるのか、詳しく紹介します。

アメリカンブラックジャック

アメリカンブラックジャックは通常のブラックジャックです。オンラインカジノでプレイできる多くのブラックジャックが、アメリカンブラックジャックに分類されると考えておいて間違いありません。

ヨーロピアンブラックジャック

ヨーロピアンブラックジャックは最初のカード配布時に、ディーラー側に1枚しか配られないのが特徴です。

ベガスストリップブラックジャック

ベガスストリップブラックジャックは基本的にアメリカンブラックジャックを踏襲しています。しかし利用されるデッキが少ない点、スプリットしたハンドでAと10(もしくは絵札)の組み合わせになっても、ナチュラルブラックジャックとは扱われない点が特徴です。

アトランティックシティブラックジャック

アトランティックシティブラックジャックはアメリカンブラックジャックをベースとしています。大きな特徴はサレンダー機能が使えることです。オンラインカジノではMicrogamingがアトランティックシティブラックジャックを数ゲームリリースしています。

マルチハンドブラックジャック

マルチハンドブラックジャックは、1回のゲームで複数のハンドに同時に賭けられるゲームです。複数のハンドに賭けることで、リスクを分散できるというメリットがあります。

ダブルエクスポージャーブラックジャック

ダブルエクスポージャーブラックジャックは、ディーラーに配られる2枚のカードが最初から両方とも見える状態になっています。プッシュだと負け扱いになるので、とにかくディーラーよりも強いハンドを作らなければなりません。

ディーラーのハンドが分かる状態になっているので、どのアクションを選択すべきか迷う必要がないというメリットがあります。

シングルデッキブラックジャック

シングルデッキブラックジャックは、名前の通り1つのデッキしか利用しないブラックジャックです。一度出現したカードは同じゲーム中に再登場しないので、次に出るカードを予想しやすい点に特徴があります。

なおナチュラルブラックジャックの配当は、通常の2.5倍ではなく2.2倍と少しだけ減額されます。

ブラックジャックスイッチ

ブラックジャックスイッチは、配布されたカードを購入したり売却したりしながら交換できるというルールです。カード交換によって、バーストする心配がなくなる、売却によって確実に配当を獲得できるというメリットがあります。

ただし少し難易度が高いので、玄人プレイヤー向きのブラックジャックゲームと言えるでしょう。

オンラインカジノのブラックジャック必勝法

ブラックジャックはオンラインカジノにおいて最も勝ちやすいゲームと言われています。しかし、ブラックジャックで勝てない・・・という人は、「ベーシックストラテジー」という攻略法を試してみましょう。ブラックジャックの必勝法とも言われるベーシックストラテジーは、出たカードの数字と決められたルールに則ってアクションをしていくだけなので、自分で考える必要がありません。

またいくつかの攻略法を踏まえてプレイすることで、より勝ちやすくすることが可能です。有名なブラックジャックの攻略法をいくつか紹介します。

マーチンゲール法

マーチンゲール法は負けたらベット額を倍にするという賭け方です。どれだけ連敗しても、1回勝利した時点で必ず利益を出せるというメリットがあります。連敗が続くとベット額と損失が雪だるま式に大きくなるのは難点ですが、ベット額が大きくなった時にナチュラルブラックジャックが成立すると、一気に大きな利益を回収できるのも魅力です。

ブラックジャックはそもそも勝率が高いので、マーチンゲール法を通じて着実に資金を稼ぐことができます。

ダランベール法

ダランベール法は以下のルールでベット額を変動させる賭け方です。

  • ベット額の単位を決める(100円、1000円など)
  • 勝った時はベット額を1単位減額する
  • 負けた時はベット額を1単位増額する

マーチンゲール法と比べると、連敗が続いた時でも損失が緩やかになるので、大負けするリスクを抑えられるのが魅力です。また連敗が続いても、少し連勝すれば損失を取り戻すことができます。

がっつり稼ぐというよりは、資金を守りつつブラックジャックを楽しみたい時におすすめの攻略法です。

パーレー法

パーレー法は逆マーチンゲール法と呼ばれ、勝った時にベット額を倍額にする攻略法です。連勝すると一気に利益を増やせるというメリットがあります。しかし連勝が続いても1回負けた時点で利益を失い、損失に転じてしまうのがデメリットです。

フラットベットでリベート稼ぎ

オンラインカジノではブラックジャックのゲームで無理に勝とうとせずとも、リベートで稼ぐという手法もあります。リベートはショッピングのポイントカードのような制度で、ベットする度に還元を受けられるのが魅力です。

毎回同じ金額でベットするフラットベットで賭け続ければ、着実にベット実績は貯まり、リベートボーナスもどんどん稼ぐことができます。一気に大きく稼ぐことは難しいものの、とにかくコツコツと利益を増やしたい時には、リベート目的でフラットベットをし続けるのもおすすめです。

オンラインカジノでブラックジャックをプレイする際に知っておくべきこと

本記事の最後に、オンラインカジノにおいてブラックジャックをプレイする際に知っておきたいポイントをいくつか紹介します。

還元率は最も高いので勝ちやすい

ブラックジャックは還元率が99%を超えるゲームです。オンラインカジノでプレイできるどのゲームよりも高い還元率を誇ります。還元率が高いということは、それだけ勝ちやすいゲームであるということです。

ボーナスの消化率はかなり低い

オンラインカジノではお得なボーナスをもらえる機会も多くあります。しかしブラックジャックは基本的にボーナス消化率が低く設定されているため、ブラックジャックでプレイしてもなかなかボーナスの出金条件を消化できない点には注意してください。

またブラックジャックはボーナス除外ゲームや禁止ゲームに設定されていることもあります。ボーナスでの利用が制限されていることからも、ブラックジャックが非常に勝ちやすいゲームであることが分かるでしょう。

ライブゲーム対象のトーナメントでは上位を狙いづらい

オンラインカジノによってはライブゲームを対象にしたトーナメントが開催されます。トーナメントはトータルベット額やトータル勝利金額で競うのが一般的です。もちろんブラックジャックでのプレイを通じても参加できますが、ブラックジャックで上位を狙うのは難しいと言わざるを得ません。

というのもブラックジャックはバカラやルーレットに比べて、ゲームの進行がかなり遅いためです。1ゲーム終えるのに数分かかることも少なくないため、トーナメントで上位を狙うには非効率といわざるを得ません。

最新記事

spot_imgspot_img

人気の記事