Expandmenu Shrunk


ルーレット

★ルーレット

カジノと言えば、この赤と黒のルーレット・ホイールを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

ルーレットにはヨーロピアンタイプ(0がある)、アメリカンタイプ(0と00がある)、そしてメキシカンタイプ(000がある)があります。
ルーレット・ホイールには赤、黒の2色に色分けされた0~36の数字が書かれています。ルーレットが回り、ボールが投げ入れられます。
このボールがどの数字や色で止まるかを予測するゲームです。

プレーヤーは、数字の書かれたテーブルにチップを置いて賭けます。
正しい数字や色を当てると、賭け方に応じて配当金を受け取れます。
ルーレットは、ボールが止まるその数字をズバリ当てるだけでなく、赤か黒かなど、
もっと当りやすい(その分配当金も低くなる)賭け方ができます。

ルーレット ベットの仕方


ブラックジャック
ストレート 36倍
チップを1つの数字の上に置いて賭ける、最も配当の高い賭け方です。
また最も当たりにくい方法でもあります。

スプリット 18倍
チップを隣り合った2つの数字の間のライン上に置きます。
これでまたがった数字2つに賭けたことになります。

ストリート 12倍
チップをルーレットテーブルに書かれた横一列の番号の端に置きます。
横に並んだ3つの数字に賭けたことになります。

コーナー (スクエア) 9倍
チップを4つの数字が交差しているコーナー部分に置いて賭ける方法。

ダブルストリート(ライン) 6倍
チップを横2列、3つの数字の間のラインの端に置く賭け方。
右端か左端のライン上で、合計6個の数字に賭けることになります。

コラム 3倍
ルーレットテーブルの縦列の一番下にある「2to1」と書かれた箇所に置く賭け方。
表の縦列の12個の数字すべてに賭けることになります。

ダース 3倍
チップを「1st 12(最初の12)」「2nd 12(真中の12)」「3rd /12(最後の12)」と書かれた3箇所のどれかに置いて賭ける方法。
1~12、13~24、25~36のいずれかの数字に賭けます。

イーブン/オッド(偶数・奇数) 2倍
偶数(Even)か奇数(Odd)か、どちらかに賭ける方法です。

ロー/ハイ(1to18・19to36)2倍
1~18までの前半の数字か、19~36までの後半の数字か、どちらかに賭ける方法です。

レッド/ブラック(赤・黒) 2倍
赤・黒どちらの数字が出るかを賭ける方法です。

-ルーレットの遊び方-


コメントは受け付けていません